「太平記」読み~その現実を探りながら~現代語訳付き

動乱の『太平記』は、振り返ればすべては兵どもの夢の跡、 しかし、当人たちにとっては揺れ動く歴史の流れの中で誇りと名誉に文字通りに命を賭けた、男たちの旅路の物語、…だと思って読み始めてみます。よろしければお付き合い下さい。

 その頃、畿内・西国の謀反人が日に日に蜂起するということが六波羅から早馬を仕立てて鎌倉に報告される。相模入道は大変驚いて、それでは討手を送れということで相模守の一族その他東国八か国の中のしかるべき領主を促して上洛させる。まず一族としては、阿曽弾正少弼、名越遠江入道、大仏前陸奧守貞直、同じく武蔵左近将監、伊具右近大夫将監、陸奧右馬之助、外様の人々としては、千葉大介、宇都宮三河守、小山判官、武田伊豆三郎、小笠原彦五郎、土岐伯耆入道、葦名判官、三浦若狭五郎、千田太郎、城太宰大弐入道、佐佐木隠岐前司、同じく備中守、結城七郎左衛門尉、小田常陸前司、長崎四郎左衛門尉、同じく九郎左衛門尉、長江弥六右衛門尉、長沼駿河守、渋谷遠江守、河越三河入道、工藤次郎左衛門高景、狩野七郎左衛門尉、伊東常陸前司、同じく大和入道、安藤藤内左衛門尉、宇佐美摂津前司、二階堂出羽入道、同じく下野判官、同じく常陸介、安保左衛門入道、南部次郎、山城四郎左衛門尉、これらを初めとして主だった領主百三十二人、合わせてその軍勢三十万七千五百余騎が、九月二十日に鎌倉を発って十月八日に先陣が京都に着くと、後陣はまだ足柄・箱根に控えている。
 これだけでなく、河野九郎が四国の軍勢を率いて大船三百余艘で尼崎から上がって下京に着く。厚東入道、大内介、安芸熊谷が周防と長門の軍勢を引き連れて兵船二百余艘で兵庫から上がって西の京に着く。甲斐と信濃の源氏七千余騎が中山道を通って東山に着く。江馬越前守、淡河右京介が北陸道七か国の軍勢を率いて三万余騎で東坂本を通って上京に着く。
 すべて諸国七道の軍勢が我も我もと馳せ上ったので、京白河の家々にあふれ、醍醐、小栗栖、日野、勧修寺、嵯峨、仁和寺、太秦の辺り、西山、北山、賀茂、革堂、河崎、清水、六角堂の門の下、鐘楼の中までも軍勢の宿っていないところがなかった。日本は小国だといっても、これ程に人が多かったのだと、初めて驚くばかりである。


《「その軍勢三十万七千余騎」とは、ずいぶんな数です。
 ちなみに大日本帝国時代の軍人数は、昭和期の正規軍がおよそ三十万人だった(サイト「日本の軍人の数」)ようですし、現在の自衛隊の隊員数は陸海空合わせて二十三万人弱ですが、これらが一箇所に集まったということはないでしょう。
 サイトNAVITIMEで京都駅から箱根湯本駅までの無料道路距離をみると、四〇八キロと出ます。そこに三十万騎を一列に並べるとおよそ一・四メートル間隔、「騎」ですから馬だとすると、街道では三列でもかなりぎっしりになりそうです。
 その後にさらに加わった者もあって、次節ではそれらを合わせると八十万騎という壮大な数になったとあります。「白髪三千丈」の類いで、それぞれ0を一つ取ったくらいが妥当な数字のように思われますが、どうなのでしょうか。
 ともあれ、当時の耳目を驚かす大軍であった、ということではあります。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 その頃、播磨国の住人で村上天皇の第七皇子具平親王の子孫の六代目、従三位季房の末裔に赤松次郎入道円心と言って、弓矢を取っては無双の勇士がいた。生来度量が広くものに拘らず、親分肌だったので、この頃途絶えているものを受け継ぎ、廃れているものを興して名声を揚げて、抜きん出た忠義を尽したいと思っていたところに、この二、三年大塔宮にお仕え申し上げて、吉野十津川の艱難を経験した息子の律師則祐が令旨を携えてやって来た。開いてみると、
「日を置かず義兵を揚げ軍勢を率いて朝敵を討伐せよ。その功績があった時は、恩賞は望みのままであろう」ということが書かれてあった。細かい但し書きに十七箇条の恩賞となるべき事項を添えられている。いずれの条項も家の面目となり、世の人の臨むものであったので、円心は一通りでなく喜んで、まず自国の佐用の庄の苔縄山に城を構えて、協力するものを呼び寄せる。その威勢を次第に近国に振るったので、国中の兵達が馳せ集まって、程なく千余騎になったのだった。まったく、秦が没落しようとした衰えに乗じて楚の陳勝が一兵卒でありながら大沢で挙兵したのと同じである。そのまま杉坂・山里の二箇所に関所を設けて山陽道、山陰道の二つの道を塞ぐ。この時から西国への道が止められて、国々の兵が上洛することができなくなった。


《久々に大塔宮の登場で、高野山に雌伏する生活から脱して、いよいよその活躍の時が来たようです。
 その宮からの要請を受けて赤松次郎が動き始めますが、その人の説明がちょっと分かりにくく思われます。
 「生来度量が広く…」は原文では「元来その心闊如として、人の下風に立たん事を思はざりければ、この時絶えたることを継ぎ、すたれたるをおこして、名をあらはし、忠にぬきんでばやと思ひける」です。
 「絶えたることを継ぎ、すたれたるをおこして、名をあらは」そうというのは、特に何をと言うのではなく、何か小学生が考えそうな漠然とした考えで、大人がそんな夢のようなことを考えるものだろうかという気がしますが、そういうおおらかさがあったということでしょうか。あたかも、「絶えたること」をいろいろ物色していて、たまたま宮の要請があったのでそれに応じて挙兵したというように聞こえます。もっとも、後に「忠にぬきんでばや」と思ったとあるのを見れば、「絶えたること」というのは文飾のための朧化表現で、それは当然後醍醐帝側の皇統を指すのであって、彼はもともと幕府のやり方を否としていたのでしょう。
 また、「心闊如」なら「人の下風」とか風上というようなことにはこだわらないように思えますので、「親分肌」と解してみましたが、どうなのでしょうか。ちなみに『集成』は「支配下にあることを潔しとしなかった」としていますが、否定表現ではこだわりの気持ちが出てしまうような気がします。
 ともあれ、楠の他にも、立ち上がる者が現れました。実は、この人が都へ一番乗りすることになります。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 元弘二年八月三日、楠兵衛正成は住吉に参詣して神馬三頭を献上する。翌日天王寺に詣でて白覆輪の鞍を置いた馬と白覆輪の太刀、鎧一揃いを献上する。これは、大般若経転読のお布施である。仏への祈願が終わって長老の寺僧が読んだ経の目録を持ってきた。楠はすぐに対面して、
「私が不肖の身ながらこの大事を思い立ちましたのは、身の程をわきまえていないようでございますが、勅命の軽くないことに礼を尽くすべきと考えまして、わが身の危険を忘れたのです。ところが、二度の合戦で少々勝ち運に乗りまして、諸国の兵が頼んだのでもないのに馳せ加わりました。これは天が勝機を与え、神仏がご加護の目を向けて下さったのだろうかと思います。本当でしょうか、聖徳太子の頃に百代の御治世の平安と危機をお考えになり、日本全国の未来を語った文書を書き置かれたと聞いておりますが、拝見しても問題なければ、今の時代について書かれた部分だけ、一度見せていただきたく思います」と言ったところ、長老が、
「太子が逆臣守屋を討ってこの寺を創建され、仏法を広められました後、神代から持統天皇の御代に至るまでをお書きになった書物三十巻を『前代旧事本紀』といって、卜部宿禰がこれを伝えて、有職の家を立ち上げました。その他に別の一巻の秘書を残されています。これは持統天皇以来の末世の世の帝の治政、天下の乱れと平安が記されています。これを簡単に人にお見せすることはありませんが、特別の計らいでこっそりご覧に入れましょう」と言って、すぐに秘蔵の蔵の銀の鍵を開いて、金軸の書一巻を取り出した。
 正成は喜んですぐにこれを見ると、不思議な記事の一節があった。その文に、
「人が王となって九十五代に当たり、天下は一度乱れて帝は安泰ではない。この時東の魚が来て全国を呑む。日が西に沈むこと三百七十余日して西の鳥が来て東の魚を食う。その後天下が統一されること三年、猿の如きものが天下をかすめ取ること三十余年、大凶が一変して一つに治まる、と云々」
 正成は不思議な気がして、よくよく思案してこの文を考えてみるに、先帝がまず人が王となって九十五代に当たられる。「天下は一度乱れて帝は安泰ではない」とあるのは、まさに今である。「東の魚が来て全国を呑む」とは、逆臣相模入道の一党であろう。「西の鳥が来て東の魚を食う」とあるのは、関東を滅ぼす人であろう。「日が西に沈む」とは、先帝が隠岐国へ流されなさったことであろう。「三百七十余日」とは、明年の春の頃、この君が隠岐国から還御なさって再び帝位にお即きになるだろうと言うことであろうと、その文の意味を解き明かしてみると天下の覆るのは先のことではないと心強く思われたので、黄金造りの太刀をこの老僧に与えて、この書をもとの蔵に納めさせた。
 後に考え合わせると、正成が考えたことはまったく一つも違わない。これはまことに大権現聖者が末代を考えて書き置かれたことであるが、中国夏・殷・周三代の変遷と少しも異ならなかったとは、不思議な予言である。


《正成は、不思議な予言書を見ることができました。彼は「よくよく思案してこの文を考えて」みたようですが、考えるまでもなく、現在の事態にそのまま当てはまります。「九十五代」という数字も当たっていますし、「日が西に沈む」は、帝は南に流されても不思議ではなかったのに西に当たる隠岐だったのであり(帝の流罪地を東の八丈島などにしなかったのは、自分たちの近くに来られるのは、さすがにいやだったからでしょうか)、「全国を呑む」魚が、九州から上ってきても不思議ではないのに「東」と言い当てて、何を指すか明らかです。
 となれば、「西の鳥」が何を指すか、正成はそれを自分とは言いませんが、そう考えたことは明らかで、どれほど自信になったか知れません。
 『前代旧事本紀』は、『集成』によれば「『先代旧事本紀』で、神代より推古朝に及ぶ十巻の書。…平安初期の偽書で、記紀など先行文献からの選録。三十巻とするのは『日本書紀』との混同か」と言いますが、ともかくも実在するものではあるようで、ネットを見ると、現代語訳本も出ているようです。
 とすると、ここに引用された部分も、聖徳太子ではないにしても、確かに誰かによって書かれていたわけで、誰が書いたものなのか、五百年も前にどうしてそういう予言が可能だったのか、何としても不思議な現実との合致です。
 なお、終わりの「中国夏・殷・周三代の変遷」の原文は「文質三統の礼変」で、『集成』が「文(かざりたてるの尊ぶ)と質(地味なことを尊ぶ)のいずれを政策とするか、その礼制は夏・殷・周の三代にわたり変わったけれども、それらの変化を越えて人倫の大綱は変わらなかったとする思想。ここは、その思想を天皇親政を人倫の大綱にかなったものとして正当化する論理の拠り所としたもの」と言います。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

このページのトップヘ