中国地方はおおむね治まっているようだけれども、九州がまた蜂起したので九月二十九日、肥後国から都へ早馬で、
「兵衛佐直冬が先月十三日当国に到着され、川尻肥後守幸俊の館に住まわれたところに、宅磨当太郎守直が加勢して国中で兵を集めたので、幕府方に味方する者たちがあったけれども、その攻撃に堪えられなくて、従わない者がいない。そうしている間に川尻の軍勢は雲霞の如くになって、宇都宮三河守の城を囲むと、一日一夜合戦して、討たれる者百余人、傷を受けた兵は数が知れない。ついに三河守は城を攻め落とされ、いまだ生死が知れない。宅磨と川尻はますます大軍になって鹿子木大炊助を取り囲んだので、後ろを攻めるために少弐の代官宗利が近国に挙兵を促したが、九州と壱岐、対馬の兵達は大方が兵衛佐殿に味方していたので、求めに応じる者は多くない。事はすでに難しくなってきた。急いで軍勢を派遣されたい」と言った。
 将軍はこの報告を聞いて、
「さて、誰を討手にやろうか」と執事武蔵守にお尋ねになったところ、師直が、
「遠国の乱を鎮めるためにはご一家の末流か、私などが行くべきですが、今回は何としても上様直々にお下りいただいて成敗なさらなくてはならないでしょう。なぜならば、九州の者たちが兵衛佐殿にお付きしたのは、ただ将軍の御子ですので、内々お心を通じていらっしゃる事があるだろうと考えるからです。世の人は、思いの他に直々に御成敗の合戦をなされば、誰もが、父子の確執に天の罰が下されると思うでしょう。将軍の御指揮で私が命を捨てて戦うならば、九州、中国の全てが敵に味方したとしても、何を恐れることがありましょうか。すぐに急いでお下り下さい」と強くお勧め申したので、将軍は一言も異論なく、都の警固には宰相中将義詮を残し置いて、十月十三日、征夷大将軍正二位大納言源尊氏卿は、執事武蔵守師直をお連れになって、八千余騎を率いて兵衛佐直冬討伐のために、まず中国へとお急ぎになった。

《ついに直冬が九州で兵を起こしました。順調な滑り出しで、すでに一大勢力を作り上げているようです。
 報告を受けた尊氏は師直に相談、その師直の意見を「一言も異論なく(原文・一義にも及びたまはず)」に受け入れます。仮にも自分の息子を討つのに、それはないだろうという気がします。下克上が確定して、言いなりだということなのでしょうか。
 タイトルには「蜂起」とありますが、彼の動機や目的は、どこまで考えていたのでしょうか。直接は語られないのでよく分かりませんが、もちろん発端は父への不満なのでしょうが、父を倒すことまで考えていたのでしょうか。
 また、川尻や宅磨はどう考えていたのでしょうか。直冬への共感、加勢が主なのか、単に勢力拡大の看板に利用したに過ぎなかったのか、…。それぞれ、「肥後守」「別当」というそれなりの役職をもらっているのですから、特に反乱の旗を挙げなくてもいいような気がしますが、直冬への道義的、心情的な共感だけでこんなだいそれた企てをしたと考えるのも無理があるようにも思います。やはり、あわよくば天下を我が物に、という野心がベースなのでしょうか。
 ついに尊氏が腰上げました。フルネームで呼び挙げられて、威風堂々の出陣です。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ