左兵衛督入道慧源は、師直が西国へ下ろうとした時に、ひそかに殺し申そうとする企てが樽と伝えられたので、その死を逃れるためにひそかに大和国へ逃げて、越智伊賀守を頼られたところ、近辺の村人が心を合わせて力添えして、道々を切り塞いであちこちに関所を作って、全く二心がないように見えた。その後一日して石塔右馬助頼房以下、少々志のある昔なじみの人々が馳せ参じたので、もはや隠れようのない様子だった。その噂は都でも田舎でもさまざまだった。
どうしても天子のご意思でなければなくては、個人的な狙いが達しがたいということで、まず京都へ人を上らせて、院宣をお願い申されたところ、問題なく早速に宣下され、それどころか希望もしないのに鎮守府将軍に任ぜられた。その言葉には、つぎのようにあった。
  院宣をいただいて言う、斑鳩宮が守屋を処罰し、朱雀院が将門を討った、これは悪を
  棄て善を守る天子のお考えである。ここに無法の者を征伐し父と叔父、二人の無念を
  慰めたいと思うことに院は深く感心しておられる。よって鎮守府将軍に任じ、左兵衛
  督に任ずることにする。早速九州と二島ならびに畿内、七道の軍勢を率いて上洛を計
  画し、天下を守護せよ。
  かくて院宣によっての仰せは以上のようである。
    観応元年十月二十五日           権中納言 国俊承る
   足利左兵衛督殿


《分かりにくい章です。
 まず、「近辺の村人が…関所を作って」は、幕府方に付いて直義の入国を阻んだようにも読めそうですが、そうではなく逆にそのようにして左兵衛督を守ってくれた、ということのようです。
 「噂は…さまざまだった」というのは、さまざまに(尾ひれが付いて?)広がった、ということでしょうか。
 そうだとすると、「個人的な狙い(原文は、「私の本意」)」は、直義の「本意」で、彼はまだ高一家の排斥の目論見を失ってはいなかったようです。そこでその追討の院宣をもらおうと、光厳院に使いを遣ったのでした。
 すると、院も高一家の奢りを快く思っておられなかったようで、「問題なく、早速に」その願いを聞き届けられました。
 もっとも、この院宣は直義(左兵衛督)宛てではなくて、直冬(右兵衛佐)に与えられたものという説が有力なようで、宛名を直義にしたのは『太平記』の誤りなのかも知れないと『集成』が言います。これを直義宛とすると、「父と叔父」の該当者が分かりにくく、直冬なら尊氏と直義で明快です。また同書は、すでに左兵衛督であった直義を、ここで改めて同じ職に任じたというのも変だと言って、何か「混同を犯した」か、「この院宣は物語が作り出したものかも知れない」としています。
 また、石塔右馬助頼房は、前章で、直義と一緒に京から脱出したはずですから、ここで「馳せ参じた」というのは変です。『集成』は、前章の方が間違いかとして、別の人の名を挙げています。
 さて、直義はこの後、驚くべき行動に出ます。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ